ブルドーザー

ブルドーザー高価買取中!

ブルドーザーとは?

ブルドーザーブルドーザーとは、主に工事がはじまる時などに、地面を削ったり、盛土などをして平らに整地するために多く用いられます。 1923年に発明され、語源は英語で『雄牛のBull』と『居眠りのDose』を合わせてブルドーザーという名称になっています。発明以前は牛が整地をしていたが、ブルドーザーの登場により、牛が居眠りするほどになってしまったからだそうです。一般的なブルドーザーはトラクターの全面に土を排出するためのブレードを装着して、そのブレードにより進行方向に土砂を押し出して平らに整地することができます。現在、国内ではコマツ、キャタピラージャパンが製造販売しています。

ブルドーザーの特徴

ブルドーザーには良く見ることがある土を押し出すことができるブレードを装着したものがあります。その他にもブレードではなく、バケットを装着している『ドーザーショベル』、前方だけでなく後方にもブレードを装着している『トリミングドーザー』、無線の遠隔操作によって川などの浅瀬でも作業することができる『水陸両用ブルドーザー』、有線の遠隔操作によって海底などの水中で作業をすることができる『水中ブルドーザー』などがあります。また、大型のブルドーザーには前方にブレードを装備していて、後方には石を砕いたり、土を掘り起こしたりすることができるツメのような形をした『リッパー』がついているものもあります。
こんなブルドーザーも高価買取いたします!

重機形状一覧