川崎重工

川崎重工とは?

川崎重工とは、正式名称を川崎重工業株式会社といいます。1986年株式会社川崎造船所として設立され、1939年に現在の川崎重工業株式会社へと社名変更しております。東京都港区に東京本社、兵庫県神戸市中央区に神戸本社を位置しております。現在では社内カンパニー制度を導入しており、電車、ディーゼル機関車、モノレールなどの分野の『車両カンパニー』、航空機、ヘリコプターなどの分野の『航空宇宙カンパニー』、ガスタービン発電設備やボイラなどの『ガスタービン・機械カンパニー』、モーターサイクル、四輪バギーなどの『汎用機カンパニー』と大きく分類されております。

川崎重工の特徴

川崎重工は、航空宇宙機、運搬船、産業用プラント、産業用ロボット、各種建設機械、鉄道車両、ガスタービンなどのエネルギー設備、環境リサイクル機械、モーターサイクルなどの多分野における製品の製造販売を主事業としています。 2009年8月より高速型除雪ドーザ『AUTHENT55DV-2』を新発売しております。最高時速が49㎞となっておりますので、従来よりも早く現場に行くことが出来、作業を円滑に行うことができます。また、エンジン排出ガスに含まれる窒素酸化物『NOx』、粒子状物質『PM』を大幅削減に成功しており、オフロード法とも呼ばれる『特定特殊自動車規制等に関する法律』に適合しております。

重機ディーラー一覧