アスファルトフィニッシャー

アスファルトフィニッシャー高価買取中!

アスファルトフィニッシャーとは?

アスファルトフィニッシャーアスファルトフィニッシャーとは、道路を舗装する工事の最後にアスファルトを敷き詰め仕上げさせるために用いられる建設機械になります。アスファルトを積込むための三角形のホッパー、アスファルトを平らに敷きならすためのスクリードを装備しています。スクリード部はアスファルトを加熱するための加熱装置なども装備されています。走行装置はゴムタイヤを装備しているホイールタイプとクローラタイプの二つがあります。ホイールタイプの場合は、大型特殊自動車に分類され、道路を自走することができるので、工事現場まで自力で行くことができます。

アスファルトフィニッシャーの特徴

アスファルトフィニッシャーは、道路の舗装仕上げの際のアスファルトを敷くための建設機械になります。舗装工事の場所等ではたまに見かけることもあると思いますが、おもしろい機体をしています。三角形のホッパーのある方が機械の前方になるようです。このホッパーにダンプトラックなどで搬送してきたアスファルト合材を入れ、装備しているコンベヤーでアスファルトを送り、敷きならすためのスクリードによって舗装仕上げをします。 国内で多く使用されているのはスクリードの幅が6m以下の中型~大型クラスの機械になります。操作するに際しては、運転者、スクリードの操作者の2名で行うことが多くなっています。
こんなアスファルトフィニッシャーも高価買取いたします!

重機形状一覧