ラフタークレーン

ラフタークレーン高価買取中!

ラフタークレーンとは?

ラフタークレーンラフタークレーンクレーンとは英語で不整地の荒れた地面を走行することができるという意味を持っています。 ラフテレーンクレーンともよばれていて、ホイールクレーンに属しています。 4輪駆動、4輪操舵システムを搭載していますので、悪路でも走行、作業が可能となっており、また、車体が短いので、市街地などの狭い現場で用いられています。 吊り上げの能力が2〜10t、25t、50t、70tクラスと豊富なバリエーションがあります。 公道の走行には大型特種自動車免許が必要となり、クレーン作業には荷重が5t以上の時は、移動式クレーン運転士免許が必要になります。 また、5t未満は技能講習、1t未満は特別教育を修了していればよいとされています。

ラフタークレーンの特徴

走行とクレーンの吊り上げ操作がひとつの運転席で操作ができるクレーン車になります。 走行、吊り上げ、旋回等すべての動作をひとつのエンジンを駆動させて行います。 クレーン作業、アウトリガーの張り出し等すべて油圧駆動となっています。 ラジオのアンテナのような伸縮式のテレスコピックブームを装備しており、作業現場まで自走して移動し、転倒等の事故防止のためにアウトリガーを張り出し、ブームを伸ばしてクレーン作業が可能な状態となります。 なお、自走するときはオートマティックで運転できるようになっています。 アウトリガーはX字型やH字型になっているものがあります。
こんなラフタークレーンも高価買取いたします!

重機形状一覧